痴人の愛 変態

Feby 8, 2020
痴人の愛 変態

痴人の愛 変態

 · 「大谷崎」(おおたにざき)と呼ばれ、そして日本文学の作家でも超絶ドm!マゾヒスト!足フェチ!として名高い、変態文豪・谷崎潤一郎。大正期から昭和にかけて日本文壇で大きな地位を得た、その大谷崎の代表作『痴人の愛』。「ナオミズム」という言葉さえ誕生したこの名作。

 · 「大谷崎」(おおたにざき)と呼ばれ、そして日本文学の作家でも超絶ドm!マゾヒスト!足フェチ!として名高い、変態文豪・谷崎潤一郎。大正期から昭和にかけて日本文壇で大きな地位を得た、その大谷崎の代表作『痴人の愛』。「ナオミズム」という言葉さえ誕生したこの名作。

さすがの私(?)も、この変態には軽くドン引きだな、って話で。 『痴人の愛』を読んで以降、 blog.yumeyamaguchi.com 全集に掲載されている谷崎潤一郎先生の短編をちまちま読んでいるワケなんですけれども。 いやぁ、谷崎先生のことは以前からド変態だと思っておりましたし(※褒め言葉 ...

そして『痴人の愛』や『春琴抄』では 日本的美と女性美が止揚し、彼独自の文学として花咲きます 。 日本的情緒の中で女性の美しさが描写されており、これらの作品を一度読んでみれば単純に文学としての実力が桁違いであることがわかると思います。

 · 「文豪」と聞くと何だか難しく、とっつきにくいイメージがあるかもしれませんが、そんなことはありません。今回は、『細雪』『痴人の愛』などで知られる谷崎潤一郎をはじめ、かの有名な文豪たちが書いた、今も読み継がれる「官能文学」を5つご紹介します。

自分のなかにも少なからず痴人的要素が含まれているのかもと思うと、怖くなります。 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。 【参考文献】 谷崎潤一郎 (1947) 『痴人の愛』新潮社. (1) goo国語辞書(最終閲覧日:2019年12月24日)

小説という名の変態誌. 痴人の愛 [ 谷崎潤一郎 ] 兎にも角にも、まずは痴人の愛に興味をもらってもらうべく小説の内容やイメージを簡潔にお伝えすることにします。 表紙はなんとakbの小嶋陽菜さん! この表紙からしてただならぬ雰囲気を感じませんか?

『痴人の愛』は、谷崎潤一郎が男女の関係を「私小説」ふうに綴った長編小説です。この作品は男女の性格や行動を非常に細かく描写している点で他の小説とは一線を画していて、この観点に立てば近代文学の最高傑作のひとつと言えるでしょう。この連載でもいろいろな名作を見てきましたが ...

谷崎潤一郎は『痴人の愛』『春琴抄』などをはじめとした作品群により、読書家の間では「ドmで足フェチの変態」として有名です。 (もちろん変態でない作品も、谷崎にはたくさんあります!)この作品も谷崎の変態性炸裂!

谷崎潤一郎作品「卍」「秘密」「痴人の愛」あらすじネタバレ! 谷崎潤一郎は、明治、大正、昭和を生きた耽美派の文豪 谷崎潤一郎は、川端康成と並んで、明治、大正、昭和を生きた文豪です。川端康成の作品が、教科書で数多く取り上げられるのに対して、谷崎潤一郎の作品をあまり教科書 ...

痴人の愛 変態