ナルト 瀕死 小説

Feby 8, 2020
ナルト 瀕死 小説

ナルト 瀕死 小説

四代目火影に憧れるナルトが、八雲紫のちょっとした気まぐれで幻想入りしてしまったお話。 ※注意書き この物語に出てくるナルトは、原作終了後からオリジナル展開した、作者の妄想ナルトです。 また、 …

ナルト至上主義者で、彼をナルト様と呼び、盲目的に崇拝している。 その為、似たような境遇の白とは相容れない。 神農が木ノ葉から強奪した、かぐや一族関連の巻物を用いたナルトに不治の病を治してもらってから、益々崇拝ぶりに磨きがかかった。

 · うずまきナルトがイラスト付きでわかる! ... に一時圧倒するかに見えたが、輪廻眼の真の力によって蹴散らされ、九喇嘛を引き抜かれ瀕死に陥ってしまった。 ... 名前になった理由は、長門の憎しみと戦い平和を願うのをテーマにして自来也が執筆した小説 ...

『naruto -ナルト-』(ナルト)は、岸本斉史による日本の漫画作品。またこれを原作とするアニメ、ゲームなどの作品。 『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて1999年43号から2014年50号まで連載された。 全700話で、単行本は全72巻と外伝1巻。

ナルトがペイン等暁と出会ってから更に半年が経過した。 ナルトは今年6歳となり、アカデミーに入学することになった。 この半年、ナルトは大蛇丸の指示で忍術ではなく、組手、反射神経、手裏剣術、体力など体術方面を集中的に鍛えていた。

『naruto -ナルト- ... 二度目の交戦ではその弱点を突かれてリー達に敗北し、瀕死状態になったが、カブトから呪印の力を与えられて復活した。 ... が発動し、抵抗する間も無く幻術世界に取り込まれた綱手は、その世界の自来也が書いた小説を目にする。それ ...

ナルトの言葉を無視してカカシは自分のモノを慣らしてない蕾を抉じ開けて奥まで突いた。 緩んでいない蕾から赤い血が滲んで漸く水音を立て始めた処から伝って流れる。 何の感情も表していない顔でナルトを蹂躙していく。

婦人は慌ててナルトの手からたたき落とされた猫を拾い上げ、走っていった。 「…ナルト?」 下を俯いてジッとしているナルトにサクラが近づく、そして肩に触れた瞬間。 ゆっくりとナルトの身体は倒れていった。 「ナルト?!」 「な…ナルト君!

 · The novel "幸せのカタチ" includes tags such as "ナルト", "カカシ" and more. 間近に顔を寄せて見つめ合っているから、側に立つナルトは居心地が悪くなって目をそらした。 でも本当は見つめ合っているんじゃない。サスケの目は見えなくなっているから、相手を見ているのはサクラだけ。

小説 木の葉の狐 ... ナルトを抱きしめて離さないサイに駆け寄った医療班が困り、ヤマトが笑顔でサイに命を下すとサイは大人しくナルトを医療班に預けた。 ...

ナルト 瀕死 小説