ナルト ドリー 夢 小説

Feby 8, 2020
ナルト ドリー 夢 小説

ナルト ドリー 夢 小説

私の脳裏にとっさにナルトやキバ達男の子の顔が浮かんだ。 きっと集まるとロクな話ししてないんだろうな・・・・・ 「シカマルの・・・エッチ・・・・・・」 「・・・・・いや・・・だから・・・・お前が変なこと言って泣きだすからだろっ」

夢小説(ドリーム小説)を簡単に無料で書いたり読んだりできる小説サイトです。人物、二次元、完全創作とジャンル分けされています。しおりやファン登録など使いやすい機能が充実!

ナルトは頭をかいて、少し照れていた。 すっごく嬉しいな・・・・ 「ナルトの為なら、いつでも作ってあげるよ」 そう・・・ナルトが大好きだもんっ・・・ あなたが望むなら、飛んできて作ってあげるっ・・・・・ 私は微笑んだ。

ナルトが呼ばれた途端に勢い良く振り向くナルトとシカマル。 ナルトとシカマルはみんなと離れ、会話に集中していたため、今最も会いたいと思っていた人の近づく気配に気づかなかった。 ナルトを呼んだ人物は 。 だが、 は普段昼間には出歩くことはない。

サイ激裏夢。※無理矢理。感情を殺してきたサイが貴女に出会い… 意地悪 シカマル激裏夢。意地悪なシカマル+嫉妬=ちょい鬼畜…? 気まぐれ サスケ激裏夢。※無理矢理・愛なし。ナルトのためにサスケを木の葉に連れ戻そうとする貴女 たまには一緒に

ナルトを『ドベ』と馬鹿にするのは許せない はナルトに少し好意を持っていた 『恋』とかそういうものではないけれど. ナルト・サスケ・サクラが のこの行動(動き)に驚くのは予想通りだったが これにはカカシも少しながら驚いていた

ナルトも目の前の食事に手を伸ばす。 しばらく3人は黙々と料理を食べていた。 「なぁナルト。お前、今回の任務・・・彼女にちゃんと話してきたのかよ?」 キバは口に頬ばりながらナルトを見る。 「 …

「ナルトもキバもアカデミーの頃よりずっと男らしくなってて、 体もがっちりしちゃって、なんかビックリしちゃったな・・・・」 隣でポツンと呟く。 俺は内心、イラついた。 「へーーーー んで?お前はその男らしくなった2人に言い寄られて

ジャンプ系コミックス・ファンのドリーム小説(夢小説・名前変換小説)が検索できる非公式サーチエンジン。

ナルト ドリー 夢 小説