ナルト ドリー 夢 小説

Feby 8, 2020
ナルト ドリー 夢 小説

ナルト ドリー 夢 小説

ナルトが呼ばれた途端に勢い良く振り向くナルトとシカマル。 ナルトとシカマルはみんなと離れ、会話に集中していたため、今最も会いたいと思っていた人の近づく気配に気づかなかった。 ナルトを呼んだ人物は 。 だが、 は普段昼間には出歩くことはない。

ナルトを『ドベ』と馬鹿にするのは許せない はナルトに少し好意を持っていた 『恋』とかそういうものではないけれど. ナルト・サスケ・サクラが のこの行動(動き)に驚くのは予想通りだったが これにはカカシも少しながら驚いていた

ナルトも目の前の食事に手を伸ばす。 しばらく3人は黙々と料理を食べていた。 「なぁナルト。お前、今回の任務・・・彼女にちゃんと話してきたのかよ?」 キバは口に頬ばりながらナルトを見る。 「 …

まるで夢でも見ているかのような、ポーッとした表情で。 ただ聞いてくれればいいと思って吐露した愚痴に、思わぬ言葉をもらえた。 そして、それはもう一つ増える。 「オレには我慢しなくていいよ。」 カカシの言葉の効能は生理痛だけに留まらない気が ...

私の脳裏にとっさにナルトやキバ達男の子の顔が浮かんだ。 きっと集まるとロクな話ししてないんだろうな・・・・・ 「シカマルの・・・エッチ・・・・・・」 「・・・・・いや・・・だから・・・・お前が変なこと言って泣きだすからだろっ」

ただ、ナルトにはそれが面白くないようだ。 好奇心も、向上心も旺盛な性格なので無理もないが。 「ふぇっくしょん!!!」 今までプリプリ怒っていたナルトが、突然大きなくしゃみをした。 「ナルト君、風邪でもひいたんじゃないの?

ナルトの治療の後片付けをしていたサクラが驚いて振り返る。 「だ、だって・・・」 サクラは後ろでおどおどしている を遠慮がちに見た。 「いいから・・・お前、やってくれって・・・・」 サクラの脇にあるベットに座って、シカマルは腕を出した。

「ナルト、あんた泣かないね。」 が頬杖をついてナルトを見ながら、ボソリと呟いた。 「んぁ?姉貴なんか言った?」 棒アイスを口に含みながら、 の方を振り返った。 「うん、あんた、泣かなくなったなぁと思って。」 「何?そんなこと?」 「そんな事 ...

うずまきナルトっていやぁ~ ちっとは知られた名前だぜ! 覚えといたほうがいいってばよ。」 「ナルトくん・・・ああ、カカシさんの班の・・・」 そういえば波の国の任務の時に・・・ それに予選でも勝ち抜いて本戦に駒を進めていたのに

小説内に登場する主要キャラクターの名前を 自分の好きな名前へ変換する機能がついた小説です。 他にもドリーム小説やドリー夢小説などと呼ばれています。 ドリームノベルは、この機能[名前変換]="ドリーム設定"に特化した小説投稿サイトです。

ナルト ドリー 夢 小説